header_logo

これで安心!会社にバレない副業バイトの仕組みをチェック-求人サイトお役立ち通信

会社にバレない副業バイトのコツ

従業員の副業やアルバイトを就業規則で禁止している企業も少なくありません。最近では、それらを容認する企業も増えていると聞きますが、なんとなく、おおっぴらにはしづらいなという人もいるでしょう。ここでは、会社にバレずに副業バイトをする秘訣を紹介します。
就業規則の詳細はこちら

なぜ企業は副業を禁止するの?

会社にバレない副業バイトのコツ

情報漏えいのリスクを回避するという目的もありますが、副業によって寝不足や疲労が重なり、本業に支障をきたすことを懸念しているという面もあります。遅刻が増えたり、睡眠不足によって勤務時間中の能率が落ちてしまったり、体調管理の面でも企業としては心配です。勤務先が副業を禁止しているか否かに関わらず、月給でお給料をもらっている以上、本業には支障をきたさないこと。これは社会人として最低限のルールです。

副業がバレるポイントは住民税!

住民税は、年間の所得に応じて課税額が決まります。副業をする場合、本業の収入と副業の収入を足した金額に課税されるため、合計所得が増えるほど住民税も高くなります。一般的に会社員の住民税は特別徴収されます。特別徴収とは、会社が各社員の給料から住民税を天引きし、社員の分をまとめて支払うことです。つまり、会社はあなたの住民税を把握しているということです。自社で支払っている給料と住民税の額が合わなくなれば、おかしいな?ということになり、バレてしまいます。

じゃあどうすればいいの?

住民税のうち、本業分は今まで通り会社の特別徴収で支払い、副業にかかる部分は別途自分で支払うという形をとることもできます。年間、20万以上の副収入があるばあいは、納税をしなくてはなりません。本業分は、会社が源泉徴収という形で、お給料から天引きで支払ってくれているので、税金のことは特に考えたことがない、知らないという人も多いのではないでしょうか。もし副業分の収入が、年間20万を超えるのであれば、その分は自分で確定申告を行って、納税しなければなりません。その際、確定申告書に納税の方法を選ぶ欄があるので、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れます。これをしなければ、本業の会社に副業分も合算した金額で、納税額が通知されてしまいます。ただし、住んでいる地域の所轄の役所によっては、この対応をしてくれない場合もありますので注意が必要です。心配な場合は、事前に所轄の住民税課に副業分だけ分けて普通徴収にすることが可能かどうか、問い合わせをしておきましょう。できないとなると、対応策は、副業の所得を年間20万以上におさえるしかありません。

おすすめ記事
会社にバレない副業バイトのコツ

就業規則で副業を禁止している会社も多いので、副業バイトしたいけど、会社にバレたら困るし・・・と、あきらめている人もいると思います。副業が禁止されていなくても勤務先にはあんまり知られたくないという人も多いですよね。基本的には自分が言わなければ会社側は知るよしもないのです。たったひとつの方法をのぞいては・・。副業が会社にバレるポイントと、バレないための対策を参考までに伝授します。

気をつけよう!副業詐欺

副業バイトを探すときに、絶対に気をつけたいのが副業詐欺。せっかく副業バイトをするのに詐欺に騙されたのでは、たまったものじゃありません。よくある副業詐欺の常套手段と、見分けるポイントを紹介します。ここに紹介していないケースも十分ありえます。少しでもあやしいなと思うことがあったら、見送りましょう。判断を鈍らせないためにも、「楽に儲かるなんて、そんなうまい話はない」と心に刻んでおくことが大切です!

家電量販店の販売バイトの体験談

土日の休みをフル活用して、しっかり稼ぎたい人にピッタリの家電量販店の販売員アルバイト。仕事内容や現場の様子、苦労すること、販売員ならではのやりがいなど、家電量販店販売員バイト経験者の体験談を紹介します。人に接するのが好きな人、アルバイトでも達成感がほしい人にはピッタリのお仕事のようです!