コンビニ夜勤バイトの仕事内容

コンビニというと、学生やフリーターのアルバイト先というイメージが強いかもしれませんが、深夜シフトは副業の方がけっこういます。24時間営業なので、深夜、早朝、休日など、副業者が働きやすい時間帯にシフトがあることと、店舗数が多くどこにでもあるので家の近所のコンビニを選べば通勤の負担が小さくて済むことがポイントです。22:00~5:00までは、深夜手当がつくため、時給も少し高くなります。

深夜のコンビニ

コンビニ夜勤バイトの仕事内容

コンビニバイトというと、レジ打ちのイメージが強いと思いますが、実はそうでもありません。繁華街などは別ですが、通常、深夜のコンビニは来客数も少ないため、レジ打ちや接客は多くありません。メインの仕事は、商品搬入や陳列、清掃など、来客の多い昼間にはできない準備作業がメインになります。実は、コンビニは深夜にトラックがきて、店内の商品が搬送されてくる仕組みになっています。深夜のアルバイトは、それら商品の検品など、受け入れ業務が多くあります。伝票と照らし合わせて、数に間違いがないか、商品に間違いがないか、割れや汚れがないか、などのチェックをします。その作業が終わったら、商品棚に陳列していきます。陳列も、ただ並べるだけではなく、賞味期限が古いものを前に出すなど、意外と手間と時間がかかります。

客は少ないが暇はない

前述のとおり、基本的に深夜のコンビニはお客様が少ないです。暇そう、楽そう、と思う人もいるかもしれませんが、大間違い。24時間営業のコンビニでは、来客がない時間だからこそ、やらなければならない仕事があります。その仕事が、深夜のコンビニバイトに求められる主な役割です。その仕事のひとつが、掃除です。掃除といっても、トイレや床掃除にはじまり、店内料理用のフライヤー、レジ周りから、窓ふきまで、やることがいっぱい。時間も忘れて集中して作業をこなし、あっという間に勤務時間が終わるような感覚です。

深夜コンビニで働くリスク

頻繁に発生するコンビニ強盗のニュース報道は、誰でも一度は見たことがあると思います。深夜、人通りの少ない店舗ではバイトの数も少ないので狙われやすいのでしょう。また、深夜には酔っ払いやちょっと変わった雰囲気の人まで、昼間とは違う客層の人も来店します。女性は特に、勤務中はもちろん、仕事帰りも深夜になりますので、そういったリスクも考えておく必要があります。女性の場合は、出勤前の早朝勤務や休日の昼間なら安心して働けますね。

おすすめ記事
会社にバレない副業バイトのコツ

就業規則で副業を禁止している会社も多いので、副業バイトしたいけど、会社にバレたら困るし・・・と、あきらめている人もいると思います。副業が禁止されていなくても勤務先にはあんまり知られたくないという人も多いですよね。基本的には自分が言わなければ会社側は知るよしもないのです。たったひとつの方法をのぞいては・・。副業が会社にバレるポイントと、バレないための対策を参考までに伝授します。

気をつけよう!副業詐欺

副業バイトを探すときに、絶対に気をつけたいのが副業詐欺。せっかく副業バイトをするのに詐欺に騙されたのでは、たまったものじゃありません。よくある副業詐欺の常套手段と、見分けるポイントを紹介します。ここに紹介していないケースも十分ありえます。少しでもあやしいなと思うことがあったら、見送りましょう。判断を鈍らせないためにも、「楽に儲かるなんて、そんなうまい話はない」と心に刻んでおくことが大切です!

家電量販店の販売バイトの体験談

土日の休みをフル活用して、しっかり稼ぎたい人にピッタリの家電量販店の販売員アルバイト。仕事内容や現場の様子、苦労すること、販売員ならではのやりがいなど、家電量販店販売員バイト経験者の体験談を紹介します。人に接するのが好きな人、アルバイトでも達成感がほしい人にはピッタリのお仕事のようです!